インスリノーマとわかるまで その2   

2012年 10月 04日

2012年8月17日
 低血糖の原因がインスリノーマか門脈シャントなのか、それとも何か別の物なのか
 かかりつけの病院ではこれ以上検査できない
 ということで大学病院へCT検査へ
 朝の9時過ぎに大学病院に到着
 紹介状と問診(これまでの経緯、現在の状態など)
 大学病院で測定した血糖62mg/dl(絶食13時間)
 いつもより高く大学病院の先生も
 「この値でインスリノーマとはあまり考えにくい」と
 レントゲン・エコー・造影CT(鼻腔~頭部、体部)施行

 結果は
  レントゲン:異常なし
  エコー:膵臓に結節性の病変らしきものがみえるけど
       はっきりと腫瘍とは言えない
  CT:膵臓や他の臓器、リンパ節に腫瘍らしきものは見えず
     門脈シャントはなし

  全身麻酔をかけてCTまで撮ったけど結局インスリノーマとは診断つかず・・・
  開腹手術をするのか、このまま様子を見るのか
  かかりつけの先生と話し合って決めることに

e0169149_2051235.jpg

CT検査後でぐったりのもみじ

 大学病院での診察代(全身麻酔をかけるついでに歯石除去も行いました)
      ¥84510

 
    
2012年8月23日
 大学病院での結果を踏まえてかかりつけの先生に今後について相談
 ・CTでもエコーでもはっきりと腫瘍がわからないのであれば
  仮にインスリノーマだったとしても極初期のものではないか
  (今まで定期的に採血をしてきてて今まで異常がなかったし)
 ・切除できる可能性にかけて開腹手術をする
 ・今は低血糖症状も出てなくて元気・食欲もある
  低血糖の原因はわからないけど、もみじの体に負担をかけないために
  このまま様子をみる
  低血糖症状がでたり、あまりにも低血糖であればステロイドを内服する
 
 手術をするべきなのか このまま何もしないで内科的治療を行うのか
 悩みに悩んで、先生とも色々話をして
 手術をすることに決定
 大学病院の手術日が月曜or水曜日
 手術は何時から始まるかはわからないので
朝9時までに病院に連れて行かなくてはいけない
 9月の勤務を見て月曜か水曜の休みを見ると3日か26日しかなく
 「手術する」と決めたからには気持ちが変わらない早いうちに
 ということで9月3日に手術をするということで大学病院に予約
 
 この日の血糖値48mg/dl
 幸いまだ何も症状もなく元気・食欲あり

 この日の診察代(血液検査) ¥2100



2012年8月30日
 手術前に一度病院に連れて行く予定で
 本当だったら翌日に連れて行く予定だったんだけど
 この日の夜中2時半頃に嘔吐
 その後も全然元気がなくなんとか朝ごはんは食べるけど
 明らかに様子がおかしく
 この日は夜勤だったので実家STAYだけど心配で病院へ
 血糖値69mg/dl
 いつもと比べそんなに低くはないけど
 元気も食欲もなく・・・
 心配なので翌日まで入院させることに
 (満月だったので、月の影響で具合が悪くなった?なんて思ってました)



2012年8月31日
 午前中、病院にお迎え
 病院に預けてからしばらくは元気なし
 4~5時間間隔で食事(病院の缶詰)をあげ、途中点滴でも糖分補給
 少しずつ元気も復活
 手術まであと3日
 直前で具合が悪くなり、なんとか復活はしたけど
 「もしも」のためにと
e0169149_21363541.jpg

 20%のブドウ糖とシリンジを受け取り退院

 1泊2日の入院費+採血代 ¥3990

e0169149_2139971.jpg

帰宅後の2人
具合悪いもみじの上に乗る雅

何事もなく手術が迎えられるように
あとは祈るのみ・・・





ランキングに参加してます

ポチっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ ワイヤーヘアードダックスフンドへ

にほんブログ村

by maki-82 | 2012-10-04 21:45 | インスリノーマ

<< み、みやの場所が・・・ 1ヶ月 >>