検査結果   

2012年 08月 17日

今日、大学病院へCT検査に行ってきました

その前に先日行った検査結果から

食前の総胆汁酸
e0169149_22152061.jpg

    0.5 μmol/l

食後2時間の総胆汁酸
e0169149_22182133.jpg

    31.5 μmol/l

食後の総胆汁酸が高く門脈シャントも除外できない

それから食前の血中インスリン値 23.3 μU/ml (正常値2~10 μU/ml)
この時の血糖値は37mg/dl
明らかにインスリンが出すぎてて低血糖となってるよう

なので、門脈シャントも除外できないけど1番怪しいのはやっぱりインスリノーマ
ということでした


9時前には病院に着き
CT検査の前にかかりつけの病院でやってるけど
大学病院の先生が自分で検査をして診てみたい
ということでレントゲン・エコー、そして採血

昨日病院で測った時は食後約6時間で血糖42mg/dl
今日は絶食13時間で血糖62mg/dl
いつもより高くあれ?!
って感じだけど、やっぱり低血糖
(相変わらず低血糖症状はなし)

エコーでは膵臓に結節性の病変らしきものがみえるけど
はっきりと描出できず腫瘍とは言い切れず・・・

CTは造影CTでちゃんと診てもらったんだけど
腫瘍らしきものは見えず
その先生が今までインスリノーマの犬をみたときもCTではわからなかったそう

そもそもインスリノーマは小さく画像からは診断しづらい
採血結果(血糖値・インスリン値)からインスリノーマではないか??
と暫定的に診断をして
確定診断をするには開腹して実際に膵臓を見る、そしてバイオプシーをする



考えられてた門脈シャントはなし
そして幸いというか、CTではリンパ節や他の臓器には腫瘍らしきものは見当たらず

もみじが低血糖になってる原因はやっぱりインスリノーマではないか??
という診断結果でした


ただ、犬のインスリノーマは悪性で(人間では良性がほとんどだけど)完治は望めない
転移・再発の可能性も非常に高く、長期生存率は低い
手術で腫瘍切除を行っても平均生存期間はたったの350日・・・
(手術後、内服治療(ステロイド)を行って2年、3年生存してる犬もいるそうだけど)

そんなぁ・・・・・・・・・


幸い今は低血糖症状とか他の検査結果に異常は出てないけど
今後どうするか(開腹手術をして確定診断を下す or ステロイド治療をするのか)
いつも診てくれてる先生と相談して決めたいと思います

もし、もし・・・
仮にインスリノーマだったとしても、先生が言うには
転移はしてない、極々初期の小さなものではないか??
ということです
(ちなみに手術をした場合、2週間の入院が必要だそう)




e0169149_22445076.jpg

エコーのために少ない胸毛を剃られ・・・
e0169149_22442521.jpg

1日近く絶食でぐったりしてますが
(CTは全麻だったので点滴はしてるので血糖値は大丈夫です)
e0169149_22531960.jpg

       もみじ、頑張りました!!
(なんだか顔がやつれちゃってるけど・・・)







ランキングに参加してます

インスリノーマの可能性が高いけど
これからも もみじが元気に過ごせるように
ポチっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ ワイヤーヘアードダックスフンドへ

にほんブログ村

by maki-82 | 2012-08-17 23:15 | もみじ

<< 目からビ~~~ム☆ サービスショット >>